長期滞在するならどの施設がオススメ? 「グッドマンスリー」

フリーワード検索

検索

長期滞在するなら
どの施設がオススメ?

公開日:2021年4月22日(木)

長期滞在するならマンスリーマンション、民泊、ホテルのどれがいい?
それぞれのメリット・デメリットを一挙ご紹介!!

長期の出張・滞在をするならウィークリー・マンスリーマンションや民泊などが思い浮かびますが
近年では、ホテルをサブスクで借りるホテルマンスリーなど、
新しいサービスが相次いで登場しております。
また、オフィスに出社せずマンスリーマンションやビジネスホテルを利用した
ワーケションも注目を集めております。

ここでは、ホテル、民泊、マンスリーマンションのメリット・デメリットをご紹介しますので
ご自身の用途に合わせて中長期の滞在施設・物件選びのご参考にしてみてください。

マンスリーマンションとは

マンスリーマンションとは「マンスリー」という言葉通り、短期間住むことを前提としたマンションやアパートを指します。
一般的な賃貸と異なり、冷蔵庫・テレビ・電子レンジ・洗濯機・ベッドなど、生活に欠かせない家具家電が最初から備え付けられています。
入居すればそのまま生活できる環境が整えられており、面倒な引っ越し作業が必要ありません。

マンスリーマンション

また、敷金や礼金が必要ないこともマンスリーマンションの特徴の1つです。
一般的な賃貸を借りようとすると、敷金・礼金等、初期費用がかかり入居者に対して大きな負担となります。しかしマンスリーマンションは敷金・礼金等がかからず入居時の負担が少ないというメリットがあります。一般的な賃貸に比べて短い期間の入居が前提となるので、一時的な仮住まいや単身赴任で使用する人が多いです。

メリット
・初期費用がなく生活に必要な家具家電が備え付けられているので、入居してすぐに生活が始められる。
1ヶ月以上の中長期の場合にリーズナブルな金額で滞在できるので、一時的な仮住まいやビジネスの出張・単身赴任・研修といった利用に適している。
デメリット
・一般的な賃貸よりも家賃が高めに設定されていることが多い。

民泊とは

民泊とは、旅行者等に対して民家を活用して宿泊サービスを提供することを一般的に指します。
民泊の大きな特徴といえるのが、「現地の人の生活が体験できる」という点です。 ホテルのように宿泊施設として完成された環境ではなく一般的な民家に滞在するので、普段味わえない体験や個性的な施設に泊まれるところも魅力です。

民泊

非日常的な体験や、その土地ならではの文化や生活を見てみたいという旅行者が年々増えてきており、そういった人が主に利用しています。

メリット
現地の人の生活体験やホストとの交流を目的としている人に適している。
・個性的な施設に宿泊できる点も魅力の1つ。
デメリット
・一般賃貸よりも家賃は高めに設定されていることが多い。
・個人オーナー様の運営が多いため、サービスが一定ではない。

ホテル/ビジネスホテルとは

ホテルとは観光客等に宿泊、食事、その他サービスを提供する施設を指します。
一般的なホテルは、夜景が綺麗に見えるなど眺望の良いロケーションに建ち、レストランからプールまで豊富な設備を備えており、家族連れからおひとり様旅行者まで、さまざま客層に利用されます。

ホテル

ビジネスホテルは、交通の便が良い駅前や繁華街といった場所に建てらており、主にビジネスマンが出張等のビジネストリップで主宿泊するため、一般的なホテルよりも宿泊に特化し、安価で泊まることができます。
近年では、「住むホテル」「ホテルマンスリー」といわれるような中長期滞在用プランや、サブスク型プランを展開するホテルが増加しているなど、新しい動きを見せています。

メリット
・アメニティやルームサービスが充実しており、食事の提供(施設による)がある。
ホテルは観光目的で1泊2泊といった短期間での滞在に適している。
・ビジネスホテルは、出張といったビジネスシーンで1泊~1週間未満の短中期間での利用に適している。
デメリット
・連泊して滞在期間が中長期化すると費用が高くなる、自炊ができない。

契約や部屋機能の比較表

一般的な賃貸 マンスリー
マンション
民泊 ホテル
住形態 主な滞在期間 2年間 1ヶ月~ 3日~ 1日~
手続き 予約・契約方法 店舗へ来店 インターネットや
郵送
インターネットや
郵送
インターネットや
郵送
契約書の有無
入居審査の有無 施設による
敷金・礼金や
仲介手数料など
部屋設備 家具家電の有無 施設による
※一部家具・家電を除く
キッチンの有無
サービス 部屋清掃、ルーム
サービスなど
施設による
食事 施設による

費用の比較表

一般的な賃貸 マンスリー
マンション
民泊 ホテル
平均家賃
(宿泊費など)
2,700円~/日
80,000円~/月
4,000~円/日
120,000円~/月
6,000円~/日
180,000円~/月
6,000円~/日
180,000円~/月
初期費用
(敷金・礼金・清掃費など)
敷金・礼金・仲介手数料
家賃の4ヶ月分程度

約320,000円~
清掃費
約15,000円程度
清掃費
約20,000円程度
-
平均光熱費 実費 700円~/日
21,000円~/月
- -
家具・家電の有無
1ヵ月借りた場合の費用
(初期費用込み)
約400,000円 約160,000円 約180,000円 約180,000円

まとめ

これまでマンスリーマンション、民泊、ホテルの特徴を紹介してきました。
どの施設にも一長一短があり、利用用途や目的によって使い分けることで快適な滞在時間を過ごすことができます。各施設を比較してみた上で、持ち家のリフォーム工事による一時的な仮住まいや単身赴任等のビジネスシーン、海外からの一時帰国した際の滞在先…といった中長期で拠点が必要な場合は、他の施設に比べて費用もリーズナブルで普段と変わらない生活を送ることができるマンスリーマンションがおすすめです。
グッドマンスリーは、そんなウィークリー・マンスリーマンションを掲載している日本最大級のポータルサイトです。
豊富な物件数からお客様に合った物件探しにぜひご活用ください。

その他の関連記事

ウィークリーマンション・マンスリーマンションとは
一般賃貸との違いや、ここ最近のウィークリーマンション・マンスリーマンションの利用方法など。
契約のチェックポイント
物件を借りる際のちょっとしたポイントや、チェックした方が良い項目の紹介をします!
短期賃貸マンションの魅力とメリット
一般の賃貸物件との違いや、短期賃貸ならではのメリットなどを紹介します。
単身赴任の必需品家電セットとは?
ストレスのない単身赴任生活をするために、必要な家電製品をどのように揃えるか?ご紹介します。
長期滞在するならどの施設がオススメ?
長期滞在するならマンスリーマンション、民泊、ホテルのどれがいい?それぞれのメリット・デメリットを一挙ご紹介!!

目的地の最寄り駅から探す

通勤や通学で利用する駅から、ウィークリー・マンスリーマンションを
検索できます。

駅名を入力して検索する

  • おまかせ物件リクエスト
  • 不動産会社から検索

マンスリーマンションをご利用の方へ

ウィークリーマンション・マンスリーマンションとは?の写真

マンスリーマンションとは?

一般賃貸との違いや、ここ最近のウィークリーマンション・マンスリー…
契約のチェックポイントの写真

契約のチェックポイント!

物件を借りる際のちょっとしたポイントや、チェックした方が良い項目の…
短期賃貸マンションの魅力とメリットの写真

短期賃貸マンションの魅力とメリット

一般の賃貸物件との違いや短期賃貸…
短期賃貸マンションの魅力とメリットの写真

単身赴任の必需品家電セットとは?

家電製品の揃え方など、快適な生活を…
短期賃貸マンションの魅力とメリットの写真

長期滞在するならどの施設がオススメ?

長期滞在するならマンスリーマンション、民泊、ホテルのどれがいい?…